『☆Double welt☆(ダブルウェルト)』では、縫製は基本的に『手縫い』になります。

※手縫いの作業風景です。

 

手縫いは手間と時間がかかりますが、それに見合う耐久性を得ることができます。

 

上質なレザーの質感を引き立てる繊細な縫い目が当店のこだわりです。

 

手縫いに使用している糸ですが、こちらになります。

『Eddington Nylon Thread 』ーエディントン・ナイロン糸ー
『☆Double welt☆』定番で使用している糸になります。
元はミシン用のナイロン糸ですが、手縫いにも適しているので使用しています。
一般的に使用される麻糸よりも強度があることが特徴です。
色は白・黒・チェスナットの三色展開です。
ここまで大巻の手縫い糸は珍しいと思います。